+2
ダイジョウブダエ

久しぶりにダイジョウブダエの入荷がありました。同時にムススも入荷していたので、ダイジョウブダエで間違いないです。産地は、マドレデディオスとなりますので、見た目が良く似たクナーキィよりも水系的には、上流域となります。クナーキィをダイジョウブダエボンディーとして売っていた頃もありましたが、見た目そっくりなのは、同水系の地域変異なんだと思われます?

ダイジョウブダエ/2008年入荷個体

2008年入荷個体となりますが、背鰭のブラックトップがしっかり存在していない事に、今更ながらに気付かされました。この当時は、クナーキィの存在はまだ知られていませんので、比べる事も不可能でした。

クナーキィ

ダイジョウブダエとクナーキィの違いは、ジャンクションラインの表現で区別するのが、最もわかり易いと思います。ダイジョウブダエは、しっかり繋がっていますが、クナーキィは、スポット状に連なる表現です。地肌の発色も幾分かクナーキィの方が薄い印象もあります。ブラックトップの有無で、区別は難しいです。もしかして、ダイジョウブダエは、クナーキィの近縁種なのかも知れませんね?ブラックトップに個体差がある事も考慮すると、ムススとクナーキィのハイブリッドって事もあり得るのかも??想像力を掻き立てられるのもコリドラスの奥深さであります。ダイジョウブダエ、ムスス、クナーキィを全てコレクションすると違いがわかり易いので、三者を一つの水槽に飼うのも面白いと思います。

Translate
ページの先頭に戻る