第7位は、ロングノーズ・デビッドサンジィです。一見セラータスに見えますが、背中のバンド模様が細い事と、体色がクリーム色であり、体型も違ってます。かなり久しぶりの入荷で、久しぶりに興奮しました。

第6位は、ブロードライン・アクセルロッディです。今年の春頃に突然入荷したアクセルロッディですが、模様が普通のアクセルロッディとは違っていて、衝撃的でした!新種で間違いないと思います。

第5位は、ヘファイスタスです。独特の色合いで、唯一無二の存在と言える新種の小型コリドラスです。底床が濃い方が本来の発色になるはずですので、いずれは黒系の底床で飼いたいと思っております。複数で飼いたいので、今後の値下がりに期待したいところです。

ショートノーズ
セミロングノーズ
ロングノーズ

第4位は、ボエルケイです。以前は、コンプレアーニョスとしての入荷でしたが、今年は、ボエルケイとしての入荷でした。cfが付いてはいるものの、支配人的にはボエルケイのリアルで良いのではないかと思っております。顔付きも3通りありますが、セミロングノーズは、ロングノーズとほとんど差がない為、微妙な存在ではあります。オレンジ色の美しい発色、模様には、個々に個性があり、選ぶ楽しみもあります。再入荷に期待したいベネズエラ産のコリドラスです。

ショートノーズ
ロングノーズ

第3位は、アトロペガラナ(2021タイプ)です。以前入荷の個体群とは、産地が違う為、アトロペガラナとは違う種類の可能性もあるのかも知れませんが、ショートノーズは、以前入荷の個体群と良く似ています。ロングノーズは、ボロロのロングノーズ対応の気もします?容姿が支配人のストライクゾーンなので、第3位とさせて頂きました。ショートノーズには、繁殖に頑張って貰いたいところです。

第2位は、ロングノーズ・シングー・プンクタータスです。シングー・ジュリィに混じっていた、たった1匹の入荷であり、13年振りの入荷となりました!二度と出会えないと思っていただけに、支配人は感無量であります。

第1位は、リアル・シングーエンシスです。全身に纏った細かなスポット模様、体高があり、コロッとした可愛い体型、非常に美しいです。リアルに巡り会える日が訪れた事に感動しました!よって、第1位とさせて頂きました。

コリコレミュージアムでの2021年ベスト7コリドラスの発表でした。今年は、コロナ禍でありながら、色んな産地から良いコリドラスが沢山入荷した年でした。久しぶりにシングー産のコリドラスの入荷もあり、マニアには非常に堪らない年でした。今年は、候補が沢山あった為、ベスト7とさせて頂きました。来年はどんなコリドラスが入荷するだろうか?来年も非常に楽しみです。

一周年を過ぎた『コリコレミュージアム』を閲覧して頂きありがとうございました。来年もデータに無いコリドラスを載せて行けるよう頑張ります。来年は、コリドラス集めは程々にしようかと思っておりますが、どうなる事やら…

それでは、皆様良いお年をお迎えください。来年も宜しくお願いします。

支配人:河之 雫

Translate
ページの先頭に戻る