Museum Blog

ブログ更新の通知は
インスタグラムからお知らせしております。
ポタロであってポタロじゃない!

ポタロであってポタロじゃない!

今まで飼ってたのが、10年に迫る位生きてますが、若い個体を超久しぶりに2匹導入しました。導入水槽は、ネグロ水系のコリドラスなので、ネグロ専用水槽としました。ニュー・スーパー・ポタロエンシスと言う、ややこしい名前ですが、ポタロエンシスとは関係のない種類です。見た目がポタロエンシスに似てるからなんでしょうね。セミロングノーズタイプは、数年前から、セミロングノーズ・ホワイト・ソロックスとなってますが、昔は、セミロングノーズ・ニュー・スーパー・ポタロエンシスだったんです。要するに、ロングノーズタイプが、ホワイト・ソロックスと呼ばれるので、そち...

ナルク

ナルク

久しぶりにナルクが入荷してましたので、1匹導入しました。ナルクが、初入荷した時は、その容姿に驚きましたが、お値段にも驚きだったのを今でも覚えています。以降値崩れしたのは、コロンビア産ではありがちなパターンでしたね。導入直後は、ご覧のように発色が濃くなってました。...

格好良い模様

格好良い模様

ロクソゾヌスです。買った時は3センチ弱でしたが、今は5センチ弱にまで成長してます。所謂並コリドラスと言われる種類ですが、あまり入荷しないんですよね。この模様が格好良くて好きなんです。メリニとのハイブリッドのメクソも手に入れたいですが、全く入荷しませんね。安くても、素敵なコリドラスは、いっぱい居ますので、高いだけで買わないのが、自分流のコリドラスコレクションです。...

ブラックトップなロングノーズと言えば…

ブラックトップなロングノーズと言えば…

シングー・プンクタータスと同じ水槽に導入しました。何故なら同種のロングノーズ対応種だからです。 シングー・ジュリィに混じっていたんだと思われます。しかしながら、ジャンクションラインがないので、シングー・プンクタータスのロングノーズ対応種で間違いないです。...

シングー水系のスポットタイプ

シングー水系のスポットタイプ

ブログアップ時に撮影の写真 ボロロです。アトロペガラナのスモールスポットタイプとも言えますが、逆を言えば、アトロペガラナ(2021)が、ボロロのラージスポットタイプとなるのかな?1匹しか持っていませんが、この個体は♀のようです。♂を手に入れたくなる程に抱卵してますね。 導入当時の写真 アトロペガラナ(2021)です。ボロロと比べると、体型とスポット模様が、全然違って見えるので、多分、別種なんだと思います?この個体も♀です。今はもっと腹部がふっくらしてますし、産卵は間も無くだと思います? 導入当時の写真...

中間的な奴

中間的な奴

アンチェスターとスーパラの中間的な表現の個体です。買ってから半年以上経ちます。バンドが細い分、地肌の茶色が目立ちます。どちらかと言うと、アンチェスター寄りですね。スーパー・アンチェスターがハイブリッドでないとしたら、この個体の立ち位置がハイブリッドなのかも知れませんね?...

緑のアエネウス

緑のアエネウス

シングー水系リオ・フレスコ産のアエネウスです。買ってから数ヶ月経ちますが、発色はキープ出来てます。最近、シングー産が熱いですが、始まりはこのフレスコからでしたね。バリエーション豊富なアエネウスも、コレクション性ではかなりのものです。ただ、似たような発色だと、混ぜると、区別が難しくなるので、分けて飼う方が良いですね。...

やる気があるのか!ないのか?

やる気があるのか!ないのか?

アトロペガラナです。産卵するかのような動きはありますが、いつになったら産卵するのかは全く謎。その内に産むと思いますけど…その前に、今年はゼブリーナが産んでくれそうな予感がします。

ホバリング

ホバリング

常に中層をフラフラとホバリングしているショートノーズ・ルイーザです。おそらく寄生虫が付いていると思われます。こんな時は、トロピカルNまたはプラジプロでの薬浴です。同じような状況に遭遇したら、薬浴してあげてください。早めの処方が効果的です。...

Tポジ

Tポジ

他の水槽水換えしてたら、賑やかに動き回る水槽が目に付きました。ホワイト・ヴィクトリアのTポジを目撃したので盗撮です。採卵すれば三期目のブリード出来ますが、どうしましょうか?一腹分位孵化させましょうかね?因みに、水換えしたのが、先週の土曜日で、その後は、特に何もしてないので、勝手に産卵が始まった形です。明日が満月なので、その影響の可能性があるのかも知れません?知らんけど。←良く関西人が言いますよね。この言い回し嫌いではないです。...

シングー・ジュリィ

シングー・ジュリィ

2008年頃に入荷した個体です。当時は、確かプライベート便での入荷であった為、それなりに高価だったと記憶しています。ジャンクションラインが太めで、微細な網目模様なのが特徴です。...

シングーが熱い!

シングーが熱い!

ここ数年シングー産のコリドラスの入荷と言えばシングー・プンクタータスとシングー・アルタミラ位でしたね。何故他の種類が入荷しないのか不思議な位でした。しかしながら、今年はシングー産がちらほらと入荷してますね。アトロペガラナやシングー・ジュリィ、そして、新着種のボロロやアルトシングーとかですね。...

模様が凄い事に!!

模様が凄い事に!!

パンタナルエンシスの模様も凄いですが。 ゲルイの模様は、もっと凄い事に!!ゼブリーナに勝るとも劣らないです。ゲルイ恐るべし!!

白コリ

白コリ

アエネウスのアルビノです。コリコレミュージアム立ち上げ前に、データリストの写真に使いたくて1匹買ったんですが、他から写真が手に入った為、データリストに使われる事がありませんでした。そんな訳で、撮影したのは今回が初めてです。導入当時より3倍程成長しました。見た感じ♀のようです。真っ白なので、たまに二度見してしまいます。何故なら、あれ!何か落ちちゃってる〜!?って勘違いしてしまうんですね。白コリ、赤コリ、青コリと、支配人がガキだった頃は、コリドラスが、この3種類位しか居なくて、水槽の掃除屋さんとしての役割でしかなかったんですよね。今では、...

ロングなデビサン

ロングなデビサン

フィンさんのツイッターに上がっていた写真です。肌の色合いからして、セラータスではなく、ロングノーズ・デビッドサンジィだと見抜いた支配人は、早速、売約しました。 水合わせ中 我が家に到着しまして、現在水合わせ中です。セラータスに良く似てますが、肌の色合いとバンドの流れ方が、違うんですよね!後日データリストにも反映させます。...

CW174&175

CW174&175

ロングノーズ・ジャカレが、CW174と付番されたようです。リオ・ジャカレアカンガ産との事ですが、コリドラスワールドの掲載写真では、ペドロやロングノーズ・カレラにも見えてしまう写真となっていました。 サラレンシスが、CW175と付番されたようですが、コリドラスワールドの掲載写真では、マリアやケルビヌスにも見えてしまいます。リオ・アッパーグァポレ産との事です。 マリア・グァポレの可能性もあります。...

水流アップ

水流アップ

アトロペガラナ専用水槽です。昨日の水換えにて、冷水にて多めの換水をしてみました。ついでに、水中ポンプも稼働させ、水流を増加させ、デュフューザーにて、エアレーションも増やして、雨季が来たかのように思わせてみました。ストレーナーには、スポンジを装着し、ゴミの吸い込み対策も施しました。皆で群れて移動したり、♀を追いかける♂の行動もありますので、なかなか良い反応を示していました。近日中に、もしかして産卵があるかも知れません?...

Translate
ページの先頭に戻る