ブロードライン・アクセルロッディ

DATE

卵のサイズ:目測で2ミリ程

産卵年:2022年

産卵契機:自然

産卵箇所:水槽コーナー

解説:2021年に、アクセルロッディとして入荷しましたが、その後、新種と判断したようで、ブロードライン・アクセルロッディと言う販売名が付きました。ラインが太くインパクトがある為、一目惚れ級だったので、10匹手に入れましたが、導入時の立ち上がりが難しく3匹落ちてしまいましたので、現在は7匹となっています。殖やすつもりはなかったのですが、勝手に産卵したので、後に採卵するつもりでしたが、他種に食卵されてしまったようで、採卵は叶いませんでした。産卵するなら、食卵を避ける意味合いを含め単種飼育にしようと思い付き、単種飼育に切り替えて、イトメを与え続けました。冷水で刺激した次の日には産卵しませんでしたが、3日程経過してから、自然に産卵に至りました。冷水よりも、タイミング的には、月の影響を受けた可能性の方が大きいような気がします?デッケリィと同様で、採卵時に破れ易いです。所謂アクセル系(デッケリィ含め)のコリドラスは、繁殖は容易なので、初心者向けのブリード種とも言えます。現在育成中の為、順次成長過程をアップして行きます。

稚魚期①

稚魚期②

稚魚期③ 成長が遅い種類のように感じます。

稚魚期④

稚魚期⑤

幼魚期① 結構大きくなっても、成魚の模様は、まだ現れていません。

幼魚期② 成魚の模様が現れて来ました。

Translate
ページの先頭に戻る