ボロロ

DATE

卵のサイズ:目測で2ミリ弱

産卵年:2022年

産卵契機:自然

産卵箇所:水槽コーナー、水草、スポンジフィルター

解説:1匹のみ導入しましたが、その後抱卵した為♀と判明。ワイルドが値下がりしたので、繁殖目的で、ペアを追加導入し、専用水槽を設け、単種飼育に切り替えました。水槽が変わると言う事は、環境の変化となりますので、それが刺激となり、自然に産卵に至りました。稚魚期は、死に易い傾向がある為、餌の獲得が下手な種類の可能性があります。早めにブラインからイトメに給餌を切り替えた事で、死ぬ事が無くなりましたので、イトメが食べれるサイズに成長する過程で、相当数減ってしまいますので、出来る限り多く孵化させて、ロスを補う必要性があるかと思います。現在育成中の為、順次成長過程をアップして行きます。

孵化直後

稚魚期①

稚魚期②

稚魚期③

稚魚期④

幼魚期①-1 イトメ入れに集まってます。

幼魚期①-2 模様が変化しつつあるタイミングです。

幼魚期②

幼魚期③

Translate
ページの先頭に戻る