♂個体
♀個体
雌雄の対比

ブロードライン・アクセルロッディです。CW169と付番されてますので、新しいタイプのアクセルロッディと認知されてますね。導入時の立ち上げが難しい種類ですが、馴染めば丈夫だと、支配人的には思っております。♂よりも♀の方が、倍程大きいので、腹鰭で確認しなくても、雌雄の判別は容易です。導入して約1年経過しました。

そんな、ブロードライン・アクセルロッディも二度目の産卵となりました。詳しくは、後日掲載しますので『館内での繁殖例』をご覧になってください。アトロペガラナも同時に後日掲載しますので、ついでに見てください。

それと、当館のコリドラス達の写真が、アクアライフに掲載されました。コリドラスの魅力が、少しでも伝わればとの思いで、掲載に協力させて頂きました。セミロングノーズ・スーパー・シュワルツィの繁殖には、驚きと感動がありました。ショートノーズしか繁殖出来ない支配人には、真似の出来ない事であります。凄い!凄過ぎます!!

読んで頂きありがとうございます。次回の更新は、3月28日となります。

Translate
ページの先頭に戻る